趣味が真ん中のライフスタイル。
広い土間から広がる楽しい時間。

江別市 S様

doma土間

趣味
デザイン
施工店舗
江別市 S 様
家族構成
2人家族
敷地面積
193.16㎡(58.43坪)
延床面積
110.15㎡(33.32坪)

やりたいことを叶えられるのがアメカジの家だった。

年齢的にそろそろ定住できるところをと考えていました。ふたり共通の趣味がスノーボードとキャンプ。音楽も好きです。札幌で2LDKのマンションに住んでいたんですけど、遊び道具が増えて置き場に困っていました。ボードのワックスを落とす場所もなくて。なので、妻のDJ機材も含めて、道具をひとまとめにしてかっこよくも置ける土間のある家が欲しかったんです。
アメカジの家は、妻がSNSとかで見ていて。ファーストインプレッションで決めた感じです。土間のあるオープンハウスも見に行きました。
別なメーカーさんの家も見て回ったんですけど、やっぱりアメカジの雰囲気が好きだなあと。それと、家自体の説明が多かったほかのところとは違って、資金の話とか土地の探し方とか、何もわからなかった家の買い方をちゃんと教えてくれたのがよかったです。


道具の手入れ、DIY、お茶してのんびり…土間、サイコー!

自分たちにとっては、どこに住むかより、好きな家で好きなように暮らすことのほうが大事で。江別で土地を提案してくれたのは、担当の大河内さん。札幌に通勤できるし、ここは価格も公園前のロケーションもよかったので決めました。
とにかく土間を広くとりたくて。結果、お風呂が2階に(笑)。リビングは食事、土間はくつろいだりする場だったりもします。土間が床暖だから、山から帰ってきて濡れた道具を置いておけば乾くし、大きめシンクの手洗いもつけたので、キャンプ道具もすぐ洗えてラクですね。ラックとかボードのメンテ台とか、いろいろDIYもしています。アイデアは妻、つくるのは僕って感じで。
やりたいことをやるために、自分たちが気持ちよく過ごせるようにつくった家なので、暮らすことが楽しいです。賃貸だと何年住んでいても“寝るところ”って感じだったけれど、いまは違うって妻もいいます。僕も仕事が終わったら早く家に帰りたくて(笑)。これから庭でBBQもしようと思っています。

写真:アメカジ工務店のカタログ

catalog

アメカジ工務店のインタビューを
もっと見たい方へ

ステキな事例が詰まっている資料をお届けします!