波の音が聴こえてきそう… 趣味を暮らしの中にとりいれた サーファーズハウスのような家 | 札幌のガレージ(車庫)付き住宅 | アメカジ工務店

AMCJ LIFEアメカジオーナーさんの暮らし

04

波の音が聴こえてきそう… 趣味を暮らしの中にとりいれた サーファーズハウスのような家

札幌市 N様邸/4人家族

譲れなかったのは全面ターコイズブルーの広いリビング

家の中でもっともこだわったのはリビングですね。私も夫も広めの家で育ったので、開放感のある空間にしたかったんです。天井にはシーリングファンも付けたかったので、いっそのこと天井を高くしちゃおうって。そこで、天井高を標準よりも20cmアップしてもらいました。そして、何をおいても実現したかったのが、壁全面をターコイズブルーにすること。明るすぎず、暗すぎない癒しの色という感じで、昔から大好きな色なんです。私のイメージにドンピシャな色のクロスが見つかって、しかも、度重なる打ち合わせですっかり私の好みを理解した担当者さんが出すアイデアも秀逸で、シャビー風の床やブラインドなど、どこをとっても納得の仕上がりになりました。

理想の家が出来上がって、それだけでも嬉しいのですが、実はもっと嬉しいことが起きたんです。それは二人の息子が成長してくれたこと。ここに引っ越してから二人とも独りで寝られるようになったし、自分から率先して片づけもするようになったし、手がかからなくなって大助かり!おかげで空いた時間は、庭に出てコーヒーを飲みながら星空をみたり、読書やDVDを楽しんだり、ミシンでデニムをリメイクしたりと、自分の時間を持てるようになりました。夫は、リビングで最近始めたギターを弾くのが楽しみみたい。家を建てていいこと尽くしです。

古いサーファーズハウスを目指して、夫婦でDIY

私たち夫婦の趣味はサーフィンなど横乗り系スポーツ。家もそのテイストを反映させたいと思っていました。そのことをきちんと理解してくれたのがアメカジ工務店だったんです。他社にも出向きましたが、こんな家にしたいですといってもイマイチな反応…。でも、アメカジ工務店はコミュニケーションがスムーズでとても気持ちが楽でした。実際、建てると決めてやり取りが始まると、どんどん意見も言ってくれましたしね。客の言うことは絶対というスタンスじゃなく、建てた後に「やっぱりあっちにしておけば…」と、私たちに後悔させないためのアドバイスをしてくれて。それがすごく嬉しかった。アメカジ工務店で建ててよかったと心から思っています。

今後は、さまざまな小物を使って雰囲気づくりをやっていこうと考えています。レザーのソファにしたり、生きたヤシの木を置いたり、壁にはヴィンテージ風のブリキ看板やナンバープレート、写真、ポスターなども飾りたいですね。アイテムはけっこう集まっているので、暇を見つけては夫と一緒にDIYしていこうと思っています。最終的な完成イメージは、長年、きれいに手入れされた古いサーファーズハウスかな。そこに二人の大好きなハワイの要素もプラスしていって、唯一無二のマイホームにしていきたいです。

  1. 1F
    1Fの間取り図
  2. 2F
    2Fの間取り図

Detail Data

札幌市 N様邸

家族構成
4人家族
敷地面積
257.02㎡(77.75坪)
延床面積
118.00㎡(35.70坪)
もっと、オーナーさんの暮らしをみよう!
一覧へもどる
TOPへ戻る