インナーガレージのある家を
インテリアで遊んで個性的な空間に。

札幌市 H様

garageガレージ

趣味
デザイン
施工店舗
札幌市 H 様
家族構成
2人家族+愛猫3匹
敷地面積
1階 53.83㎡(16.28坪)
2階 55.07㎡(16.65坪)
延床面積
108.90㎡(32.94坪)
ガレージ面積
21.53㎡

ガレージだけではなく、家全体の雰囲気に惹かれて。

アメカジ工務店のことをチラシで知って、自分一人でオープンハウスを見に行ってみたんです。一目でホレましたね。仕事も趣味もクルマなのでガレージは必須ではあったんですが、とにかく家そのものが気に入って。全体の雰囲気がよくて、それで電動シャッターのガレージ付きなんてたまんない!って感じで(笑)。妻は家を持つなら利便性のいい場所で、マンションをという考え。当初は猛反対を受けたんですが、一緒にオープンハウスを見て「ステキな家」だと。譲れない条件に適った土地が見つかったこともあって、家づくりがスタートしました。


クロス&カラーで遊び、「飾る・作る」を楽しむ。

インテリアは、好みのヴィンテージなテイストでまとめた感じですね。コーディネーターさんに提案をもらったり、自分たちで考えたり、まず思いきり壁紙で遊んで。キッチンのビビッドな色の組み合わせは妻が決めました。後ろは古材のような壁紙にして、ディスプレーする棚をDIYしました。妻はココが気に入っているみたいです。「住み始めたらいろいろ飾りたくなった」といって、小物を集めたり飾ったりすごく楽しんでいますね。お手本はインテリアのアプリです(笑)。
僕自身、モノを作ったりすることはなかったんですが、買ってきた水道管を錆びた感じに塗装してリビングの壁に取り付けてみたり。ココでお酒を飲むのがいい時間なんですよ。もちろん、ガレージも気に入っています。今はクルマをいじることはあまりしていないんですが、いつでもこもれる準備はできています。
ウチはやんちゃな猫が3匹いるので、すでにキズがついちゃったりしているところもありますね。それも、自分たちの家だから、まっ、いいかという感じです(笑)。好きと思える家で、空間づくりや暮らしを楽しんでいけたらと思っています。

写真:アメカジ工務店のカタログ

catalog

アメカジ工務店のインタビューを
もっと見たい方へ

ステキな事例が詰まっている資料をお届けします!