札幌

その土地でアメカジの家を妄想(^-^)

2020年2月17日

ookouchitakuya

大河内 琢久哉

札幌店

お世話になってます! おーこーちです(^o^)/ 今日はちょっとレベルの高いことを紹介します! これであなたも1up!(笑) 「どんなアメカジの家を建てるか?」を考えるうえで、 「土地」と「家」の大きさをそれぞれ考えるかと思いますが、土地の面積に対して家の広さを自由に決められるわけではないんです・・・(>_<) 日照・景観・住環境・高さ制限と色々ありますが、この辺はまたいつか!(笑) 今回はこうした制限の代表「建蔽率(建ぺい率)」と「容積率」についてお勉強してみましょう♪ この2つを知る事で土地を調べる時のリアル度がグーン↗↗↗と上がります★

●まずは建ぺい率

「建ぺい率」は、敷地面積に対する「建築面積」の割合のことを指します。 (簡単に言うと建築面積とは、土地に家を置いて真上から見た時の家の面積のことです。) 地域によって、土地の%はさまざまです!

●次に容積率

「容積率」は、敷地面積に対する「延床面積」の割合のことです! (延べ床面積とは、家の全部の床面積の合計の事です!) 建ぺい率と一緒で地域ごとに%はさまざまです! ※「建ぺい率」と「容積率」この2つをクリアしないと建築が出来ないんです(>_<) 例えば、土地面積が200㎡ 建ぺい率が40%、容積率が80%、の場合 建てられる家の建築面積は(200×40%)=80㎡、延床面積は(200×80%)=160㎡が上限になります! 同じ面積の土地でも、建ぺい率と容積率が変われば建てられる家の大きさもかわります? もちろん!土地探しやお制限は僕たちプロが調べてお話しをしますが、 家作りが少しでも楽しめるキッカケがあればなと思って書いてみました(^^♪ 良かったら参考にして下さい(^-^)


  • facebook
  • twitter
  • line
ookouchitakuya

札幌店/リーダー

大河内 琢久哉

美味しそうななグミを見つけては食べてみる! 個人的な1位はHARIBO!硬さが好きです!