土間は観葉植物を置くのにおすすめ!選び方のポイントも解説

2022年6月13日

awahidetaka

安和 英剛

札幌

こんにちは!ガレージハウス・土間のある家をご提案するアメカジ工務店 安和です。

インテリアに人気の観葉植物ですが「観葉植物を置きたいけれど、室内が水や土で汚れたら嫌だな」と迷っている方もいるのでは?
そう考えている方は、掃除しやすい土間に観葉植物を置くのはいかがでしょうか?

今回のコラムでは、土間におすすめの観葉植物をご紹介します。
土間の環境にあった植物の特性や選び方、育て方のポイントなども合わせてお伝えします。



土間に置くのにおすすめの観葉植物は?

家の中と外をつなぐスペースである土間。
玄関土間に観葉植物を置けば、家に入ってきたときに最初に植物が目に入るので、玄関が明るく華やかな印象になります。

風水的には玄関はエネルギーを家に取り入れる場所。
玄関土間に観葉植物を置くのは、悪い気を防ぎ幸運を取り入れてくれるともいわれています。

水やりやお手入れで水や土がこぼれても、土足で活動する土間なら、お掃除もしやすいです。

ただし、土間は外気が入ってひんやりしたり、日当たりが悪かったりしがちなので、寒さに強く、日陰でも育ちやすい観葉植物を選ぶと良いです。

土間に置くのにおすすめ&定番の観葉植物にはこんなものがありますよ。

パキラ

多くの人が知っている、代表的な観葉植物。
日陰でも育ちやすく、水やりも控えめでOKと、室内でも育てやすいです。

しなやかにのびのびと葉を広げる姿が美しく、定期的に日光に当ててあげると葉色にツヤが出てさらに美しくなります。

モンステラ

エキゾチックな印象が魅力のモンステラも、寒さに強く丈夫で、人気の観葉植物です。
切れ込みの入った大きな葉っぱが華やかで、土間をぱっと明るい印象にしてくれるでしょう。

日なたか半日陰に置くのが良いといわれています。
土間に窓がある場合、夏はレースカーテン越しにするなど、直射日光を避けてあげてくださいね。

100円ショップにも小型のものが売られているので手軽です。

カポック(シェフレラ)

寒さや乾燥に強く、日陰でも丈夫に良く育つので、土間でも育てやすい観葉植物です。
品種によって葉が斑入り・斑なしのタイプや、サイズもさまざまあるので、好みの品種を探してみるのも楽しいでしょう。

ガジュマル

個性的なシルエットに愛着がわく、かわいらしい観葉植物です。

沖縄では、「キジムナー」という子どもの精霊が宿るといわれています。
直射日光の当たらない明るい土間におすすめです。
日が当たらない場合は、定期的に移動して日光に当ててあげましょう。

また、寒さに弱いので、冬の夜は室内側に移動してください。

サンスベリア

乾燥に強く、丈夫で育てやすいので、初心者にもおすすめの観葉植物。
真っすぐ上に向かって厚い葉を伸ばしますが、大きさの割に場所を取らないのが特徴です。

葉には、トラの尻尾のような黄色い斑が入るので「トラノオ」とも呼ばれています。

マイナスイオンを放出して空気清浄効果があるともいわれていますよ。

土間に観葉植物を置くときのポイントや注意点


室内で植物を上手に育てるためのポイントは、主に温度日当たりの3点です。

温度

外気でひんやりしがちな土間に植物を置くなら、耐寒性のある植物を選び、それでも冬の夜などは室内側へ入れてあげることをおすすめします。

アメカジ工務店の土間は床暖房があるため、植物を移動させなくても温度管理がしやすいですよ!

水やり

土の表面が乾いたら水やりのサインで、鉢底から水が流れ出る程度にたっぷり与えます。
乾燥しすぎもよくありませんが、水の与えすぎも根腐れの原因になるので注意してください。

同じ植物でも季節や気候によって必要量が変わりますので、植物の特性を良く理解するとともに、植物や土の状態をよく観察しましょう。

日当たり

土間の環境に合うように日陰や半日陰でも育ちやすい植物を選びつつ、できるだけ日当たりの良い場所に置くようにしましょう。
ただし、直射日光がずっと当たっていると葉が日焼けしてしまう植物もありますので、その点は注意が必要です。

日当たりが悪い場合は、週に数時間など時間を決めて鉢を移動させて日光浴をさせてあげましょう。
定期的な鉢の移動が想定される場合は、運びやすい中型・小型の鉢を選んでおくといいですよ。

土間に観葉植物を飾ろう!温度・水・日当たりには注意を

土間は家の中と外をつなぐ場所。
玄関土間に観葉植物を飾れば、空間がぱっと明るくなりますし、風水的にも幸運を招き入れてくれるといわれています。
水や土で汚れてしまっても、土間ならお掃除がしやすいのも良いですね。

土間に観葉植物を置くなら、寒さに強く日陰でも育ちやすい植物がおすすめです。
パキラやカポック、モンステラなどは定番ですし、人気もあります。

ただし、冬の夜など気温が下がるときは室内側へ入れる、日当たりのよくない土間では定期的に鉢を移動させて日光に当てるなども心がけましょう。


アメカジ工務店では、土間のある家やガレージハウスなど、楽しく暮らす一戸建てをご提案しています。
また、人気の間取りとプロによるコーディネート、そして100万円分のオプションのついた「コンプリートプラン」もご案内中です!

ご家族で趣味や遊びをとことん楽しめるお家をご検討中なら、ぜひアメカジ工務店にご相談くださいね!


  • facebook
  • twitter
  • line

instagram

awahidetaka

札幌/マネージャー

安和 英剛

料理!休日に家族全員の朝~晩御飯作ります! それと、フルマラソン走れちゃいます!マイホームにバスケットゴール設置、日々汗流してます!スポーツの後のビールが大好きです!