男前なインテリアを配して、 ヴィンテージ感を演出。 今、空間を彩るモノづくりに夢中です。 | 札幌のガレージ(車庫)付き住宅 | アメカジ工務店

AMCJ LIFEアメカジオーナーさんの暮らし

03

男前なインテリアを配して、 ヴィンテージ感を演出。 今、空間を彩るモノづくりに夢中です。

江別市 H様邸/4人家族

個性的なインテリアで、“表情”のある家に

子どもが小学校に入学するタイミングで主人の転勤が決まり、札幌勤務になったので「家を建てるなら今!」と決心しました。それからは、各メーカーのモデルハウスや見学会に足しげく通い、最終的に「アメカジ工務店」を選びました。いろいろなメーカーの営業担当者からお話を聞きましたが、ほとんどが家の機能とか性能の説明ばかり。もちろんそれも大事だけれど、アメカジの担当者は「家づくりを楽しみましょう」って言ってくれたんです。その言葉が気持ちをラクにしてくれました。それは今も心に残っていて、住み始めてから1年たった今も家づくりを楽しみ尽くしています(笑)。

私も主人も「好き」のベースにあるのは「男前なインテリア」「カッコいい家具」「ヴィンテージ感の漂う小物」なんです。でも、いろんなモノを見ているうちに「この雰囲気も素敵だな」「あのテイストもいいな」と、思えてきて。しかも、どれもこれも個性的(笑)。だからコーナーごとに表情を変えて、チグハグにならないように工夫しました。子どもたちもモノづくりやDIYには積極的でいろいろ手伝ってくれています。これからも時間をかけて少しずつ、理想の空間に仕上げていけたらと思っています。

何気ない日常を彩る、“遊び心”にあふれた家づくり

実は車にもバイクにもあまり興味はなく、ガレージはもっぱら釣りの道具やアウトドア用品の「収納」として使っています(笑)。なぜかガレージが“居場所”の荷物が多いんです。夏は休みの度にここ(ガレージ)で焼き肉をしていました。ご近所さんを誘ったり、誘ってもらったり…すごく楽しかったので、やっぱりガレージがあってよかったと思います。妻はここでDIYをしていることもあるみたいですね。次は趣味を楽しむ部屋に本棚を作りたいと話していたので、またここで作るのかな…。こういう遊び心のある空間は、気持ちを豊かにしてくれますね。

雪が解けたら、庭に芝生を敷いたり、ズッキーニやトマトを植えて「食べきれない!」っていうくらい野菜を作れたらいいね、なんて話もしています。大人が日々の暮らしを楽しんでいる背中を見ている子どもたちはなんだかうれしそうだし、もちろん子どもたち自身も家の中を走り回ったり、息子はおもちゃのクルマを全力で走らせたりして、元気いっぱい。あっという間に床は傷だらけですが、それも自分の家だからできること。壊れたら直せばいいと大らかな気持ちで見守っています。家で過ごす、何気ない日常は宝物。家を買って良かったなとしみじみ実感しています。

  1. 1F
    1Fの間取り図
  2. 2F
    2Fの間取り図

Detail Data

江別市 H様

家族構成
4人家族
延床面積
152.37㎡(46.09坪)
もっと、オーナーさんの暮らしをみよう!
一覧へもどる
TOPへ戻る