HOME > インタビュー&事例 > コレクションを飾って、キレイに収納。 趣味を思いっきり楽しむヴィンテージな家。

GALLERY

インタビュー&事例

vol.21

コレクションを飾って、キレイに収納。
趣味を思いっきり楽しむヴィンテージな家。
札幌市 Y様邸/4人家族

  • ネイビーのオープンキッチンは、明るく開放的。魅せる棚で小物を可愛くディスプレイ。

  • ヴィンテージ感のあるインテリアで、居心地のいい空間を演出。

  • リビングの一角を仕切ったご主人の隠れ家。お子様も大好きなスペースに。

  • 玄関には、コレクションを飾るショーケースを。まるでショップのような雰囲気に。

  • 天井が高いガレージには、プラモデルやキャンプ道具、自転車など趣味のものがいっぱい。

  • ガレージとキッチンの間には、小さな窓を。ご主人は作業しながら、お子様ともおしゃべり。

  • 趣味のエアガンやモデルガンを飾って。ご主人の秘密基地のような空間。

Owner's Interview

コレクションを収納するためのガレージ。

以前、2LDKのアパートに住んでいて、とにかくモノがあふれていたんです。僕はモデルガンやプラモデルなどをコレクションするのが大好きで、かなりの量を持っていました。またゴルフやキャンプ、自転車など、これまた道具が多い趣味ばかり...。6帖の部屋をひとつつぶして、そこにすべてを収納していました。それでも限界で、かなりの圧迫感がありましたね。

また子どもも大きくなってきて、そろそろ家が欲しいと思い、モノの多さを考えてガレージ付きが一番いいと考えました。WEBで調べたり、実際にマイホームセンターへ足を運んだり...。その中でアメカジ工務店を発見し、見学会へ行きました。色々見た中で、雰囲気がいちばん好きだったので、アメカジ工務店にお願いしようと決めました。

家族がいつも一緒に感じられる空間づくり。

妻がふたり目を妊娠していたので、ほとんど僕のみでの打合せ。やりたいことがたくさんあって、僕の希望通りにさせてもらいました(笑)。男前インテリア、ヴィンテージというイメージで、頭に思い描いたものを伝えながら家づくりを進めていきました。とにかく今あるモノたちをキレイに収納すること、今まで集めたものをきちんとディスプレイすること。そして子どもたちがのびのび遊べること。

妻の希望は、僕の書斎をこもらないようにすること。ひとり黙々と作業をしてしまうので、同じ空気感のところにしたいという願いでした。リビングの一角に、壁で仕切った書斎を設置。こもりすぎず、ちょうどいい距離感が心地よいです。

新しい家に住んでから、ショーケースに小物を飾ったり、家具を買ったり、雑貨を揃えたりしています。子どももひとり増え、元気に遊び、泣いています(笑)。僕はDIYが好きなので、暖かくなったらガレージで棚をつくる予定です。妻は子どもと一緒に家庭菜園を作って収穫したいそう。家族でBBQをしたり、子どもにいろいろな経験をさせてあげたいですね。

Data

札幌市 Y様邸

札幌市 Y様邸

家族構成
4人家族
敷地面積
247.77㎡(74.95坪)
延床面積
141.61㎡(42.84坪)
車庫面積
23.19㎡

間取り図

もっと事例を見たい方は、
カタログをGET!

TEL:0120-406-124受付時間/11:00 〜 19:00 クリック!

アメカジ工務店へのお問い合せ

TEL:0120-406-124受付時間/11:00 〜 19:00

または、インターネットから

お問い合せ

ページの先頭へ